学校長より

更新日:2019年06月20日

「自ら考え 活動する 心豊かな子ども」の育成をめざして

 

南アルプス市立大明小学校

校長 飯久保 一男 

 大明小学校教職員は,「子どもたちのために学校がある」「教育活動の全ては子どもたちのために」という意識のもと,「大明小学校全職員の英知を結集した【学校力】」「教師は授業で勝負をするという気迫をもった【教師力】」を磨き,「子ども一人一人の心豊かな人間性・社会性を育む,知・徳・体の調和のとれた人間力の育成」をめざして取り組んでいます。

 平成の時代が終わり,令和元年を迎える本年4月4日,49名の1年生を迎え,全校児童289名で今年度の大明小学校がスタートしました。昨年度まで,ご支援・ご協力をいただいている地域の皆様や保護者の皆様に,今年度も支えられ,大明小の子どもたちと教育活動が行えることを心から嬉しく思います。

 私たち大明小学校教職員は,歴史と伝統のある本校で,地域に根差し,新たな教育活動を絶えず取り入れながら,学校教育目標「自ら考え 活動する 心豊かな子ども」の育成に努めてまいります。世界的な視野をもち,これからの時代を切り拓いていく,知・徳・体の調和のとれた人間力の育成に,全教職員で努力いたします。今後とも子どもたちの健やかな成長のため,引き続き皆様のご支援・ご協力をお願いします。

2019年4月